スポンサーサイト

Posted by 星空メッセンジャー:Barnards_Yuta on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨季と治安対策の大切さ~ベトナム4都市~

Posted by 星空メッセンジャー:Barnards_Yuta on 28.2015 ベトナム   0 comments   0 trackback
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
世界一周バックパッカーとしては珍しい「世界一周」ではなく「星景写真」でブログ村ランキングに登録してます!
世界中の星空をより多くの人に伝えたいので、ぜひともポチッと1クリックよろしくお願いいたします!^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

ほか日々の日常はTwitter,Instagramへミ☆
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

カンボジアでの初の星景写真撮影を何とか終え、
陸路にて第8ヶ国目となるベトナムに入国。

R0025793r.jpg

(初のバスごと船入国だったな)


ベトナムは訪問した街の明るさと、何より雨季でほとんど星が撮れなかった。
あまり成果も上がらなかったので巡った4都市をまとめて書いてしまおうと思う。





まずはハノイと並んでベトナムの大都市であるホーチミン。
やはりここも夜は街が明るい。

R0025823r.jpg

(今思えばここでもやはり、都市星景をとればよかったな~)


加えて、ここでは防犯上夜はゲストハウスから出れないというのもあり、
夜の星を狙いにくく半ば諦めていた。

カメラや携帯、パスポートも盗られるので、
外には持っていくな!と宿のおばちゃんがしきりに言っていた。

R0025820r.jpg


しかし実はその宿に到着する直前、すでに俺はその被害にあっていた。
タイで購入したばかりのiPhoneをバイク強盗に持って行かれてしまったのだ。

(当時TwitterやFBに投稿したが、心配の声を多数頂いた。笑

実際被害にあうとあっけない。

目に焼きついているのは、見ていた画面に人の手が被さってきた瞬間と、
走り去って行くの背中だけ。

あまりにあっけなくて、思わず失笑してしまった。笑
それを見ていた周りの人は「だめだよ~!こんなとこで出してちゃ><」と口々に言う。

R0025816r.jpg

その光景が面白くて、またも別のカメラで撮った写真がこちら。
おじさんが「そんなことしてるから盗られるんだ!」と指差してきている。笑



この件でベトナムが嫌いになってしまうかと自分でも思ったが、
実際は嫌いにはならなかった。

R0025945r.jpg


なぜなら、そのあとに対応してくれた警察官が優しかったから。


調書を書いていたら、どんどんと集まってきて、
「ごめんな、水飲むか?」「何か食うか?」など気を遣ってくれ、
最終的には署長みたいな人が「我々と同じベトナム国民がすまない。」と
わざわざ謝罪までしてくれたからだ。


どの国にもいい奴もいれば、悪い奴もいる。


人というのは国や人種で決まるんではなく、あくまでその人自身で決まるんだなと思った。


(このあたりまではやっぱりまだまだ防犯意識も自分の旅人としてのオーラもおそらくなくて、いいカモになってたんだろうな笑 これがおきてからかなり色々気をつけるようになった。)


次に訪れたのはニャチャンというベトナムの海リゾートの街。

R0026023r.jpg

ここはほぼ次のホイアンへのトランジット的意味合いで寄ったので、
朝に着き夜には出発ということでやはり星景写真撮る時間がなかった。


海ということと少し街を越えればローカルな雰囲気の街もあったので、
ちょっとは星が見えるんじゃないかと予想した。

が、そんな余裕はなくなってしまった。


なぜなら夜に食中毒を発症してしまったから。。。

星景写真撮影はおろか、今日の夜行バスに耐えられるのか!?という状態だった。




それでもなんとか無事に辿り着いたホイアン。

R0026068r.jpg


それまでの2都市と違い、ベトナムの昔ながらの良さを残した街で
のんびりとしていて今回訪れた中では一番好きかもしれない。

(俺は旅をしてその国の首都でなく、第2・第3の街が好きだとこの後に気づいていく。それでもここは特に良かったな)

また星が見えなかったこの期間の辛さを、星グッズが慰めてくれた。

R0026067r.jpg

どこにでもあるところにはある。笑



この街の見所は特に夜。

名品の灯篭があちこちで光っていてとても幻想的な雰囲気だった。

R0026098r.jpg

R0026115r.jpg



これと星を撮れたらさぞかし綺麗だろうと思ったが、
灯篭を含めた街の灯りが明るすぎて一等星レベルの星しか見えない状態。

R0026125r.jpg


加えてこの時期は満月に近く、さらに薄曇りもあって、割り切って街と月の写真を撮った。

R0026155r.jpg

R0026158r.jpg


いつかまたここで星が撮れたら嬉しい。
いや、絶対に撮りに来たい。

(1等星が見えていれば、充分今の腕なら星景写真が撮れた。またリベンジしたいな。)




そして今回のベトナム旅最後の街となるフエ。

かつての城とその城下町がそのまま残っており、そこが観光スポットとなっている。

R0026208r.jpg


旧市街と星はなかなか素敵なモチーフだったが、
旧市街は夜6時くらいにはしまってしまう。

さらには、やはり雨季による薄曇り。時折雨にも降られた。

R0026380r.jpg


なんとか晴れ間を見て月を撮影したが、ほぼほぼ断念するしかなかった。


(このときは友達と旅していて、着いていっている感が強かったので、宿も撮りたいモチーフからは離れていた。
前回のカンボジアでの教訓を考えても、撮りたいモチーフの傍に宿を取るというのは大切。まあこのときは地球の歩き方も持っていなかったしな笑)


ベトナムでは本当に雨季に泣かされた。

雨で星が見れないなら、プラネタリウムで神話を聞く!

というのがインドネシアのときからの合言葉だったが、
調べてみると今はもうないという情報が出てきた。

星をテーマに旅をしているのに、
雨季を把握しきれて居なかったのは、経験不足による今回最大の反省点。


雨季の辛さを身をもって知った旅だった。



その痛みを越えて、次の土地・ラオスへ向かう。


★今回の星景写真撮影メモ★

『その土地の治安をしっかり調べよう!』
必ず事前に!無駄に身をもって学ぶ必要はなし!笑

『その土地の気候や年間の天候を知っておこう!』
雨季、ダメゼッタイ。



★今日もご精読ありがとうございました★



★そのほかベトナムでの写真はこちらから。(Facebookアルバムに飛びます)


008ベトナム-1_ホーチミン_01生活


008ベトナム-1_ホーチミン_02クチトンネルー戦争博物館


008ベトナム-2_ニャチャン


008ベトナム-3_ホイアン


008ベトナム-4_フエ_01生活


008ベトナム-4_フエ_02フォンニャ鍾乳洞



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
世界一周バックパッカーとしては珍しい「世界一周」ではなく「星景写真」でブログ村ランキングに登録してます!
世界中の星空をより多くの人に伝えたいので、ぜひともポチッと1クリックよろしくお願いいたします!^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

ほか日々の日常はTwitter,Instagram『barnards_yuta』へ^^
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆
スポンサーサイト

憧れの遺跡と初の星景写真インターバル撮影~カンボジア・アンコールワット~

Posted by 星空メッセンジャー:Barnards_Yuta on 15.2015 カンボジア   1 comments   0 trackback
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
世界一周バックパッカーとしては珍しい「世界一周」ではなく「星景写真」でブログ村ランキングに登録してます!
世界中の星空をより多くの人に伝えたいので、ぜひともポチッと1クリックよろしくお願いいたします!^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

ほか日々の日常はTwitter,Instagramへミ☆
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆



マレーシアからマレー鉄道に乗ってタイへ入国。

列車移動でのただ淡々と、しかし色鮮やかに流れてゆく景色は、
「旅をしている」という気分に心を染めてくれる。


R0024037r.jpg




タイでは有名な水かけ祭り「ソンクラン」を楽しむ。

水をかけるってシンプルな行動なのに、そこにはユーモアがあふれていて、
とにかく笑顔ばかりがあった。


IMG_0138r.jpg




『祭り=笑顔=平和』

という図式がパッと頭の中に浮かんで、大それたことだけど、心の中だけならいいだろうと、

「今ここだけは、何と言おうが幸せに満ち溢れている。」と強く信じた。


(このことを思わせてくれた、このおかしくもシンプルな祭りは大好きだ。祭りは全部そう思える。また行きたいな。)





バンコクで星の撮影が難しいことは以前の訪問で知っていたので、
それが終わるとすぐに、東南アジア周遊の旅に入った。

(今思えば、せっかくだから都市星景写真をバンバン撮ればよかったな~今後の課題><)

世界一周第7国目カンボジア。

R0025195r.jpg


ここはなんといってもアンコールワットがある。
俺の中で憧れていた遺跡の内の一つ。

R0025459r.jpg


昔、「神々の詩」というドキュメント番組や
「世界ふしぎ発見!」などのバラエティ番組で見て、
その神秘さに打ちのめされた。
ロマンが止まらなかった。


さらに言えば、俺の旅の原点は電波少年というバラエティ番組で企画された
『猿岩石のユーラシア大陸横断ヒッチハイク』を見たからだと思う。


小さなころの記憶は細く長く繋がって、
けれど密かに強く自分に影響して、
そうやって今に立っている。

そう思うと人生に無駄なことは一つもないなって感じた。


(友達からもらった猿岩石の旅の動画集、HDDが飛んで消えちゃったんだよな。。。涙)



それはさておき、俺の旅のテーマは星。

肝心の星は、街の発展の割に宿の前からでもチラチラと見えていた。

R0025431r.jpg


(今思えば、このシェムリアップなんてまだまだ田舎町だったな笑)


これはいける!と踏んで、
ついにこの旅初でのインターバル星景写真に挑むことにした。

これから「世界各国の星景写真」というテーマに挑戦していくにあたって、
最初のモチーフとしては、これ以上ない。



撮影開始時間は、予定の関係と暗くなる時間帯を見込んで午前3時ころと決めた。
次の日朝早くにベトナムに向かうので、数時間で撮影して戻らなければならない。

(このころは月の入りの時間までは考えてなかったきもするが、あの頃の月齢を調べると確かに満月前なので、確かに深夜の方が都合が良いようだ。)

一緒に旅をしていた友達に撮影に行くことを報告すると、「えっ?夜に?まじで?!」と怪訝そうな顔をされた。

当たり前すぎる反応。笑
俺戻ってこないとみんなに心配もかけるし、迷惑かけないようにしなきゃ!

(今やもうこういう反応には慣れっこ笑 みんないつも迷惑かけてすみませんf^^;)




そのためにも綿密な調査が必要だった。

まずその時間帯にアンコールワットに入れるかどうか、だ。






これは調べた結果、限りなくグレーゾーンだった。

夜ライトアップをしているらしいが、少なくとも夜6時~9時までには閉まるらしい。



そして入場チケットだが、アンコールワットには他の遺跡入場も含めた
1日券と2日券がある。(2013年4月当時)

俺は見学しようとしたとき星空撮影のことは頭から抜けていて、1日券を買ってしまった。
その券が夜に行くときに有効どうかは微妙だった。てか、たぶんアウト笑



昼間の見学でアンコールワットへ行くには基本チケット売り場をゲートとして
通っていかなければいけないのは把握していた。


トゥクトゥクの運転手に聞くところによると、チケット売り場が3時ころから開いているとのこと。

安全に心置きなく撮影するためには、それに賭けるしかない。



それも含め、計画通り3時ころ現地へ向かうことを決断した。





次の問題は移動手段をどうするか


そのパートナーには昼間にアンコールワットへ連れてってくれた
トゥクトゥクの運転手・通称岡村ちゃん(カンボジア人だけど)に頼むことにした。

R0025393r.jpg


岡村ちゃんは日本人をたくさん乗っけていて、
旅人からのメッセージが書かれたTシャツを着ていた。


直接交渉すると「OK,OK!」と二つ返事で返ってきた。

岡村ちゃん、頼りになるぜ!!!!!





まだ幾つかの不安点はあるものの、
移動手段を確保できたのは大きな安心になった。

自分の夢を着々と自分の行動で叶えてるのが嬉しくて、ワクワクしてきた。





はやる気持ちを抑え、準備を整える。


腹が減っては戦は出来ぬと、名物のカツどんを食べる

R0025425r.jpg

(これはゲストハウス・ヤマトの名物かつ丼。確か当時で200円くらい。たまらない!また食べたいな~)








そして待ちに待った午前2時。。。








岡村ちゃんは来なかった。笑




いきなりトラブルである・笑

さすが旅。笑







「うおおーーーーーーーーーいぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!」

と声に出したら、この寝静まるシェムリアップの街を一斉に起こしてしまうんじゃないかというくらいの突っ込みを心の中で入れる。



なんだよ、岡村ちゃん!!!!!(# ゚Д゚)涙




まあ確かにこんな夜中にアンコールワットに行くほうが正気ではないと思われてもしかたないけど・苦笑





旅はこれからもきっとこんなもんなんだろう。


焦っても、迷っても、時間だけは刻々と過ぎていく。

とにかくこういう時は行動しかない。

(旅はきっとこんなもんなんだろう。僕らは安心という目に見えない約束を無意識に頼りすぎてしまっているのかもしれない。)



辺りを見回すと真夜中だけにほとんどいないが、運よく近くで愛トゥクトゥクに寝ていたトゥクトゥクマンを見つけた。
なりふり構っていられない俺は、即たたき起こし交渉。



すると「なぜこんな早くに行くんだ?何のために行くんだ?」などと質問責め。

至極全うな内容だと思うが、こういうときのためのうまい答えを用意しておくことは「これからの旅で大切かもな」ということを学んだ。

(結局は大体、星への熱意とテンションで乗り切ることがほとんどだった。笑 星の光跡写真の説明、なかなか理解してもらえないんだよな。笑)



しかし今回はそんなうまい答えを探してる場合じゃない。

ただ無言で少し大目の金を握らせると、「お前はビジネスが分かるやつだな」とトゥクトゥクマンがニヤリとしながら言った。




ともかく、無事交通手段をゲットし、いざアンコールワットへ。

R0025616r.jpg


真夜中の道をアンコールワットにむけて走る。

昼間とは全く道が変わったようにさえ思える。

というか、もうどこを走っているのかもわからない。




ふと「これはかなり危険なことをしているのでは?」と不安にかられた。




このままどこかに連れて行かれて脅されたり、置いてけぼりにされたり、
最悪殺されてもおかしくない。

すべてはさっき会ったばかりの、合計会話時間10分にも満たない
このトゥクトゥクマンとの信頼関係の上に成り立っている。




それでも

どうしてもそこで星が見たい!

憧れの遺跡と星空の写真を撮りたい!!


という想いは止められない。


(結局実際には「ちょっと危険かも。。。」と思っても大抵のところには行ってしまっていた。笑 しかしそれがのちにある事件に遭遇するきっかけとなる。。。その続きは、今後のインドでのお話しで。)



そんな不安を見覚えのある風景が振り払ってくれた。

チケット売り場だ!

R0025645.jpg


しかし様子がおかしい。
どうやらまだ開いてないらしい。。
3時から開いてるというトゥクトゥクマン情報も、結局は違ったらしい。

(よく見て俺!看板には朝5時からってちゃんと書いてあるから!!笑 当時の英語のできなさを象徴するエピソードだ。笑)

しかしトゥクトクマンはその様子を少し遠くから察知するなり、
そこをスルーして奥へ進んでった。

これが一度仕事を頼まれたトゥクトゥクマンの人情と責任感なのか!と目から鱗。




そしてそのままアンコールワットの前へ。。。








R0025633r.jpg


そこには過去にタイムスリップしたかのような風景が広がっていた。

街灯はなく真っ暗。遠くにかすかにアンコールワットの外城壁。

(よく見ると、ちゃんとさそり座写っているけど、当時の俺はこれちゃんと狙ってたのかな?笑)



そして、空には満天の星。


R0025623r.jpg

かつてのこの遺跡で生きていた人々も眺めていたであろう星空を、
今見ている気がした。


前回のタイで観光スポット=ライトアップという概念ができていて、
真夜中で営業時間外とはいえ、少しはライトが残っているかと思ったが、
見事に真っ暗。

R0025644r_2015101613123332c.jpg



興奮しながらカメラをセットし、インターバル撮影を始める。

その間にももう1台のカメラで他の星景写真スナップ撮影。それらが上記の写真。



あまりに興奮して、真っ暗で顔が見えなのに、
トゥクトゥクマンにも拙い英語で星を語る。





30分ほどしてトゥクトゥクマンが「もうそろそろ帰ろう」というが、
しっかりと星の軌跡を描くには少なくとも1時間は欲しいところ。


「もうちょっと、もうちょっと!」といいいながら、インターバル撮影を続けた。
こんなときもう一台のカメラで写真を撮っていると、いいわけにもなっていい。笑





そして、初のインターバル写真が完成する。






R5166653r.jpg

画面のモニターを見た時は、何とも言えない達成感が身体中に広がっていくのを感じた。

(でも今としては、恥ずかしい写真。苦笑 沈む前の月を利用したり、マグライトで照らしたり、遺跡のディティールが出るように、工夫したかったな。そう思うと、またここにもいかなきゃ。笑 そうやってると旅終わらないな。笑)




出来上がった時には、例のトゥクトゥクマンは再び愛車の上で寝ていて、
起こして写真を見せながらまたしても興奮を伝えたが、
相変わらず俺が何でそんなにうれしそうなのかわからない様子で相槌を打った。




しかし、最後には「綺麗な写真だな。よかったな。」と言ってくれた。



その一言で、なんだか通じた気がした。






戦いきった矢吹ジョーのような状態で、帰路につく。



時刻は4時半くらいになっていて、チケット売り場を通り過ぎると、
ようやく人が準備を始めていた。

やはり5時から開くらしい。笑


入れるならば、再び中に入って撮影を!と思ったが、
5時にもなると、この時期すでに明るくなってしまうので、
今回は中での撮影は諦めることにした。

何よりもう少しでベトナム行のバスの時間だ。



宿に着いてトゥクトゥクのおじさんに勝手に熱い抱擁を、一方的にかわす。

R0025646r.jpg

こんな仕事イレギュラーだったろうが、あのハプニングのおかげでこんな思い出ができた。


これもまた出会い。


どんなハプニングも、それが原因になって、新たな出会いに繋がる。
そういう流れを感じれるチャンスは、今までの人生でだって沢山あっただろう。


外に出て、それを強く感じながら、
さらにハプニングを新しい出会いに繋げよう!

そんな風に思えるようになった機会だった。



今回の撮影は運がよかった部分も多々あり、
まだまだ情報集めや撮影条件の把握が甘いなと反省した。

それでも憧れのアンコールワットで星景写真を撮ることができた。


最高のスタートだ。



どこでも星景写真を撮っていける自信が少しだけできた。



★今回の星景写真撮影メモ★


『撮影対象の下調べは念入りに。』
開閉園の時間を調べ、現地に夜中、安全に居続けられるかは重要!


『安定確実な移動手段を手に入れよう!』



ご精読ありがとうございました☆

星空メッセンジャー



★そのほかカンボジアでの写真はこちらから。(Facebookアルバムに飛びます)

007カンボジア-1_シェムリアップ_01生活


007カンボジア-1_シェムリアップ_02プレアヴィヒア


007カンボジア-1_シェムリアップ_03アンコールワット


007カンボジア-1_シェムリアップ_04アンコールトム他


007カンボジア-1_シェムリアップ_05ベンメリア

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
世界一周バックパッカーとしては珍しい「世界一周」ではなく「星景写真」でブログ村ランキングに登録してます!
世界中の星空をより多くの人に伝えたいので、ぜひともポチッと1クリックよろしくお願いいたします!^^
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

ほか日々の日常はTwitter,Instagram『barnards_yuta』へ^^
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

羊の国の星の村への旅

Posted by 星空メッセンジャー:Barnards_Yuta on 09.2015 未分類   4 comments   0 trackback
世界一周の旅やカナダでの生活から帰ってきて、
これから日本で腰を据えて星空を伝えて行くために、
最後にもう一度この星空に会いに行こうと思って旅立った。


僕の旅と星景写真の原点ともいえるべき場所。


_R302743s.jpg



"只者に見られたくない"
っていう見栄だけで作られた"星空メッセンジャー"という肖像に、
真になろうとし始めた日々はここから始まったといっても過言じゃない。


最近よく言われる「今度はいつまで日本にいるの?」ってことにも、
最近よく思う「日本に収まっちゃうの?」ってことにも、
笑いながら実は両方に小さな反発心を抱いていて。


旅を続ける人に嫉妬する自分にも、
「日本で働くのに馴染めない」なんて旅人ぶる自分にもなりたくなくて。


プラネタリウムという小さな空間で熱心に想いを伝えることも、
星空という広大な世界を無心に見上げることも、
俺にとっては両方大事。


"どちらか"じゃなくて、
"どちらも"活かすために星で繋がるこの二つの世界を、
これからも交互に旅し続けたい。


だから、これは俺のこれからの人生の宣言。

身なりは日本仕様に落ち着いて見えたって、
心はずっと自由な星の旅人でいることの誓い。


俺は今回の人生の全てを星と旅に賭けます。


_R303342s.jpg



I want to keep continuing to travel for beautiful starry sky in the world from now on too.
I'm a starry sky messenger!!

銀河鉄道の夜

Posted by 星空メッセンジャー:Barnards_Yuta on 02.2014 未分類   1 comments   0 trackback
今回の大阪遠征も無事終了。

いつも働かせてもらっている星カフェSPICAに、
今回は東大阪のプラネタリウムで旧友と再会、
そして美方高原での星空フェスと、
星一色に染め上げられた時間を過ごせたなぁ。

_R256297s.jpg


朝も夜もだいぶ秋風が吹いてきて、
それに包まれるといつも寂しい匂いと幸せの感触を思い出す。

そうなると読みたくなる銀河鉄道の夜。
十字と十字の間にある
赤い星、青い星、白い道に漆黒の落とし穴。

×と×の間には、眩いばかりの○がたくさん。
罰負って生まれ、没していく人間は、
それに絶えるための温かさを生きてる間にひとつずつリュックに入れていくんだろうな。

特別な宗教を感じていないけど、祈りも輪廻も循環も星を見上げてると感じてしまう。

そんな風に思わせてくれる物語。

_R256349s.jpg


星空フェスは本当に涙が出そうな光景だった。

真っ暗闇で微かな光を見つけようと見上げる姿は、
自分の中では当たり前で、世間では変り種で。
特別になってた風景が、ここには集まりすぎてて、
当たり前の風景に変わってて。

そして改めてそれはとびっきりの光景だと思った。

hoshiFes01s.jpg

_R256341s.jpg


トークライブもSPICAオーナとの掛け合いで素晴らしいものになって、たくさんの人が聞いてくれた。

僕は話をして特別な人になりたいんでなく、
みんなと友達になりたい。

名刺配っておいて、名前聞けなかった人、把握できなかった人ごめんなさい。
でもまたぜひ星空の下で会いましょう!

_R256336s.jpg


それではおやすみ、ジョバンニ&カンパネルラ。
また明日の星空で。

hoshiFes03s.jpg

hoshiFes02s.jpg

凝縮された日々

Posted by 星空メッセンジャー:Barnards_Yuta on 17.2014 雑記   0 comments   0 trackback
連休3日間はイベントが立て続けで、よく遊んだー!


まずはバーニングマンジャパン。
本家はアメリカの砂漠で開催してるフェスで、お金を使わず、お互いが持ってるもの与え合って共生していこうという理念の基、成り立っている。

俺が持っているもの、みんなに提供できるもの。。。
それはやっぱり星しかないなと。
というわけで天体観測と星空解説を実施してみようと思い立った。

結果、本当にたくさんの人が一緒に空を見上げてくれた。
そしてそれぞれの星の思い出を話してくれる人もいた。

それが本当に嬉しい!
やっぱり星は人を繋げる。

Burning01.jpg


Burning03.jpg


Burning02.jpg


2日目はNEIGS(http://neigs.tumblr.com/)というバンドのレコ発ライブでの、
星空トーク。

バンドの転換の合間に世界の星空ベスト3を順に発表していくという画期的な試みをさせていただいて、これもまたたくさんの人たちに聞いてもらえた。

出演バンドも熱量が凄くて、久々に自分の中の音楽ゴコロが踊った!


shimokita01.jpg


shimokita02.jpg


shimokita03.jpg


そして最後は旅祭2014というフェス。
旅に関するあらゆる企画やコンテンツが詰まったイベントだった。

久々の再開や、嬉しい出会いもあって、旅してるときの気分を思い出せたな。
そしてそうなると俺はやっぱり「ここで星の話したいなぁ、星見せたいなぁ」とおもったり・笑


この3日間は、星、音楽、旅、と自分の人生の大きなターニングポイントを凝縮して1日ずつ振り返った帰ったような日々だった。
んで、あらためてこの3つは全部好きだなぁ、と☆

これがまた何かのターニングポイントになるような気がする。


tabifes01.jpg


tabifes03.jpg


tabifes02.jpg



「大才は袖触れ合う他生の縁もこれを活かす」


これは俺の大好きな言葉。
名刺もたくさん配って、まだ繋がれてない人もいるけど、
改めて出会えたたくさんの人たち!
今回だけじゃなく、繋がり続けていきたい!
そのために出来ること、したいことをしようと思います!

これからもどうぞよろしく!


星空メッセンジャー
ササキ ユウタ
Barnards_yuta(FB,Twitter,Instagram Name)
 

プロフィール

星空メッセンジャー:Barnards_Yuta

Author:星空メッセンジャー:Barnards_Yuta
このブログでは世界一周中に訪問した都市での星空や星景写真撮影秘話などを紹介していきます☆



『星空メッセンジャー』とは?


2012年10月28日~世界中の星空を巡る地球一周の旅に出るときに、
旅先から多くの人に星空の素晴らしさを届けたい、そこから受けたメッセージを届けたいという想いから考案&命名。


星語りを「何時でも何処でも今すぐ此処でも」をモットーに現在も野外、学校、公民館ライブハウスなど場所を問わず星活中☆

経歴:
天文誌コラム連載/カナダWHオーロラガイド/プラネタリウムカフェ/長野星空ガイド/プラネタリウム解説員/自称野外フェス専属星空案内人

情報発信媒体:
FB、Twitter、Instagram、LINE、Tumblr:ユーザーネーム「barnards_yuta」

趣味は星グッズ収集、ギター、観葉植物を育てること。


このブログでは訪問都市での星空や星景写真撮影秘話などを紹介していきます。

最新トラックバック

Instagram

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ村ランキング

ブログ村世界一周ランキングに登録してます!

多くの方に天文の世界を知ってもらいたいのでクリックお願いします☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。